Hatena Hagino Blog

読書感想文と小ネタ

リーダーじゃないけど「リーダーが忘れてはならない3つの人間心理」を読んで感じたこと。

こんにちは。9月もラスト1日ですね。肌寒くなってきましたが、いかがお過ごしでしょうか。

 

僕はと言いますと、慣れない仕事が多く日中はいつもバタバタしていましたが、ようやく仕事以外の少ない時間を有意義に使えるようになってきたなと。

 

前までは仕事でイライラしたり、忙しい状況だと、プライベートでもソワソワが続いたのですが、頭や心の切り替えができるようになった気がします。

 

9月もラスト1日。今回読んだ本はこちらです。

リーダーが忘れてはならない3つの人間心理 (Forest2545Shinsyo 10) (フォレスト2545新書)

リーダーが忘れてはならない3つの人間心理 (Forest2545Shinsyo 10) (フォレスト2545新書)

 

 

リーダーが忘れてはならない3つの人間心理」です。

 

9月は忙しかったため本当は読書なんてしたくなかったのですが、なんだかんだ継続した習慣を途切らせたくなかったので、会社の本棚から薄い本を拝借して読みました。(笑)

 

リーダーではないですが、

  • 教育心理学的な話は好きなので面白かった。
  • (社長がつけたと思われる)折り目があったので興味深かった。

 

内容に関しても、理論よりもエピソードが多く、良い意味でライト。そして、1-2時間ほどで読み終わるのでオススメです。

 

以下、本書で紹介していた"3つの心理"に沿って、備忘録的に面白かった箇所をピックアップします。

 

第1原則:「快」と結びつける

「快」とはワクワクです。

 

そもそも人は「ワクワクすること」しか主体的にやろうとしない。また、ワクワクな状態は脳が活性化して仕事のパフォーマンスが上がるそうです。

 

だから、従業員には「ワクワク」させなきゃいけないよ〜ってことが書かれています。

脳には二つの経路が備わっているとされています。一つは「情動経路」、もう一つは理性的な「認知経路」。そのうち「情動経路」は、瞬時に自分に起こっている出来事を、自分にとって「快」か「不快」かと、かぎ分ける。  

「情動経路」での判断が「価値の一次判断系」。「認知経路」での判断が「価値の二次判断系」と言われてるそうです。

 

一緒に仕事するメンバーが「生理的に無理」状態になってしまうと、価値の一次判断で「不快」判定が無意識的に行われて、パフォーマンスが落ちてしまうらしいです。

 

僕は恵まれている方ですが、すごく分かります。

 

第2原則:「意味」を与える。

メンバーに「意味」を与えることが大事だよって章でした。

 

意味とは、主に以下の2つです。

  1. 会社における自分の存在意義
  2. 会社における自分の業務の意味。

・・・共感できます。

 

僕も入社当時、何もできなかったとき、つまり「会社にとって意味のない人間」だと強く自覚していたときは、結構辛かったです。

 

この章ではアウシュビッツ強制収容所のエピソードが印象的でした。

地獄のような環境、そして「明日は自分たちがガス室行きか」と怯える毎日。そんな環境下で、どういう人が生きながらえたか。

 

体格のいい人か?違う。健康な人か?違う。

 

それは「生きる意味」を失わなかった人だ。

 

絶望的な環境下でも「生きる意味」を失わなかった人だけが、狂わずに最後まで耐えられたみたいです。

 

示唆に富んでますよね・・・。( 笑)

 

「働く意味」はよく考えることはありますが、さらに上のレイヤーの「生きる意味」については全然考えたことなかったなって気付かされましたw

 

ブレずに起業している人は、これらの意味についてしっかり腹落ちしてそうだなーと思いました。

 

第3原則:「演じさせる」

第3原則として「演じさせる」ことについて語られていました。

 

簡単に言うと、どんな人だって「社長」になった途端「社長」ぽくなるってこと。

 

人は新しい役割を演させることで、演じた通りの人間になる根源的な性質がある。演じる過程で自分自身の秘めた能力に目覚め、成長するらしいです。

 

かの有名なスタンフォード監獄実験などもそうですよね。

 

まあ要するに、素質のある人にはどんどんチャレンジさせた方が良いってことです。当人は「僕がリーダーなんか無理です!」て言っても、結局は期待通りの役割を果たすことが多いってことが書かれていました。(もちろん納得させて主体的に演じてもらう必要はありますが・・・)

 

これも周りの先輩方などを見ていると、その通りだなって思いました。(小並感)

 

最後に・・・

冒頭でも触れましたが、各ページに折り目が付いていて興味深かったです(笑)


おそらく社長がつけたのではないかと思います。

 

おかげさまで、今まで見てきた社長の振る舞いや判断にも「あてはまるなー」て箇所が多かったので、すごく身近に内容を感じることができました。

 

さてさて、明日から10月ですね。

 

さらに頑張っていきましょう〜!